普通の巨乳AV女優と違う「徠夢」のオススメエロ動画

- 食事の面から更年期障害の症状の緩和を目指していこう

食事の面から更年期障害の症状の緩和を目指していこう

更年期で気になる症状が出始めてくると、症状を改善していくためにもこれまで以上に生活習慣を見直していく必要があります。

健康な身体は健康な生活から、特に身体作り、更年期により不足しがちな栄養を補うという点で栄養摂取は重要な要素です。

更年期障害に対応したサプリメントなどを利用しているかたも多いでしょうが、毎日3食口にする食事内容と栄養も考えていきましょう。

積極的に摂っていきたい大豆製品

エストロゲンの分泌量の減少、これが女性の更年期障害を引き起こす大きな原因です。

大豆製品に多く含まれる大豆イソフラボンはこの働きのサポートが可能ですので、納豆や豆腐、豆乳などを摂り入れていくことをおすすめします。

幸い馴染み深い調味料にも大豆原料のものが多いため、日本人は不足しにくい大豆製品ですが、食の欧米化によって摂取量が減少傾向です。

更年期の症状が気になりだしたら、日本食をメインに意識していきましょう。

野菜からたっぷり摂りたいビタミン類

美容効果も高いビタミンCはストレスに対抗でき、更年期特有のイライラを緩和させるのに有効です。

ビタミンEは抗酸化作用が高く、活性酸素を抑制するために役立ちます。

身体作りの土台となるタンパク質の働きをサポートするビタミンBの摂取も欠かすことができません。

ビタミンは、外食やインスタントばかりに頼ってしまうと不足しがちな野菜や果物に豊富に含まれていますから、生のまま、煮込んでスープごと、いろいろな調理でたっぷり摂り入れていくことが大切です。

更年期だからこそ必要なカルシウム

子供の成長に重要なカルシウムですが、骨の密度が減っていく更年期にもカルシウムの摂取を積極的に行うべきです。

カルシウム不足は高血圧、血管疾患の要因にもなりますから意識をしておいてください。

骨や歯を作るために重要なものですし、骨粗しょう症予防のためにも乳製品、小魚、海藻類を摂っていきましょう。

基本は一汁三菜

主食を中心に汁物とおかずを3品、昔からの日本の食卓のイメージにある食事内容で、5大栄養素をバランスよくカバーできます。

その上で更年期サプリを摂り入れたり、運動や睡眠、規則正しい生活を送っていくことがポイントです。

栄養摂取から、薬に頼らない更年期障害の症状の対策を行うことができます。

[PR]更年期 サプリ 選び方「https://kohnenki.jp/」